バケネコブログ

絵日記+備忘録+夢日記

子どもを慰める母の一言が、かなり斜め上だったはなし。

最近、【あたしおかあさんだから】とかいう歌が色んな意味で話題になってるから、バケネコの母「ばあばバード」の事をかいてみるのであります(ΦωΦ)

 

バケネコの父「じいじ」は今でこそかなり丸くなったけど、昔は仕事のストレスからか、ず~~っとイライラ…超厳しかったのであります( ˘•ω•˘ )暴力をふるうなんてことは無いけど、とにかく事細かくうるさかった

 

f:id:bakenekolabo:20180216164040j:plain

 

それでいてかなりの亭主関白だもんで、ばあばバードも口答えできない状況。

でも流石にこのピアノの件ではちょっと反発してくれてたけどね…

 

ピアノの練習は昼の決められた時間だけっていうルールは守ってたし、担任の先生に頼まれた伴奏ができないと、休み明けの音楽の授業で迷惑かけちゃうから練習せざるを得なかったんだ…

 

でもまぁ、確かにピアノってうるさいよね…でも小4のバケネコにとって、担任の先生との約束を守りたい一心だったからかなりショックだったんだ。

 

まぁこんな感じで、納得いかないことでブワワ~~と怒られてしまった時は…

 

f:id:bakenekolabo:20180216164051j:plain

 

 

f:id:bakenekolabo:20180216164059j:plain

 

 

イラストと言えるような可愛いもんやない。

リアル動物画描いてたんや。

 

 

当時はこれが自分の心をコントロールする最善の策やったんやろうね。

 

 

この日の事はしっかり覚えてる。

この時は…

 

 

 

 

 

f:id:bakenekolabo:20180216164108j:plain

 

リアルライオン描いとったんや。

心が荒ぶっとったんや。

 

 

 

 

そんな荒ぶるバケネコがリアルライオンをせっせと描いていると、

 

f:id:bakenekolabo:20180216164119j:plain

 

一階からばあばバードのスリッパの音が聞こえてくる。

 

f:id:bakenekolabo:20180216164129j:plain

 

 

こうやってお母さんが様子を見に来てくれるのを期待しつつも

「バケネコは怒ってるんや!口なんか聞いてやるもんか!」

と、荒ぶる心MAX。

 

別にばあばバードは何も悪くないんやけどね、怒りをぶつけたかったんやろうね…荒ぶるバケネコは振り返りたくても振り返らない!

 

 

f:id:bakenekolabo:20180216164138j:plain

 

優しく肩を抱いてくれても無反応。

 

 

(どんなに優しい慰めの言葉かけられても、わたしゃ口きかんからね)

と固く心に誓ってた。

 

 

そして誓ってる割には

(どんな事言ってくれるんだろう)

と待ってた。

 

 

 

 

そしたポツリと一言…

 

 

f:id:bakenekolabo:20180216164148j:plain

 

想像をはるかに超えた言葉に、リアルライオンを描いていた手も流石に止まったバケネコ。今でこそバトンの先生してるけど、当時ダンスなんて全く縁がない家庭よ…

 

 

f:id:bakenekolabo:20180216164158j:plain

 

謎の鼻歌とやったこともない社交ダンス風の動き

 

 

 

 

f:id:bakenekolabo:20180216164216j:plain

 

完全にばあばバードワールドに呑まれた。

根本の解決もくそもないけど、我が家の場合はコレでよかったんやと思う。